間取りは住宅設計の重要項目!失敗しないためのコツは?

  • 間取りは住宅設計の重要項目!失敗しないためのコツは?

    2020年9月9日 By admin

    完成した姿をイメージできる方法を選ぼう

    間取りの設計は住宅設計をする上で重要度が高いポイントですが、間取り図を平面上で見てみても本当にこれがベストなのかがわからずに悩んでしまうこともよくあります。動線を考えてもあまり無駄はなく、適切な家族間のコミュニケーションも取れそうだと考えられる魅力的な間取りができたとしても、実は一から図面を引き直してみたらもっと良いものができるのではないかと疑問に思ってしまう人もいるでしょう。これがベストだと思って決められないのは、完成した姿をきちんとイメージできていないのが原因の場合がほとんどです。平面図にこだわらずにもっと完成図をイメージしやすい方法で間取りを見てみるようにするのが大切です。

    立体的に見せてもらおう

    間取りをわかりやすくする方法として最も効果的なのは立体化することです。平面で見ていると本当に廊下の幅がこのくらいで大丈夫なのか、トイレがお風呂が窮屈ではないかなどといったことはわかりにくいでしょう。注文住宅の場合には建売住宅や賃貸住宅と違って完成された姿を目で見て確認できないのが不安の原因なのです。しかし、平面図ではわかりにくくてもコンピューター上で立体的に表示させてみると印象が大きく変わります。これでは廊下がやはり狭いなどといったことに簡単に気づくことができるのです。このような立体的に表示させる技術はすでに確立されているので、設計をした不動産会社に問い合わせて立体的に見せて欲しいと伝えるようにしましょう。

    東京の注文住宅の特徴としては、多数の建築関係の事務所がある中から比較検討して注文することができる点が挙げられます。

To Top